地理学って何ですか?

大学の「地理学」とは

地理学ってなんですか?

って質問、されると困ります。

高校の地理は暗記に重点が置かれますよね?人口が多い国はどこだとか、どこの川が一番大きいとか、天然資源の埋蔵量が…などなど

大学で学ぶ地理学はそういうものとは違って、なぜ人口が多いのか、なぜこのような景観・都市計画なのかとか、地理的な「なぜ」を追求するものだと思います。

「地理学」とは「母」!

という、偉そうなこと書きましたが、なんでも「地理学」という名前をつければ学問になる、というくらい地理学の守備範囲は広すぎるので(例:都市地理学、景観地理学、社会地理学、経済地理学、文化地理学、宗教地理学などなど)一概に地理学とはこうだ!とは言い切れない気がします。

あえて言えば、地上で起きている現象すべてを研究対象とし、すべての他の学問を包み込んでしまうくらいの大きな器をもった、母親のような学問でしょうかね…

なんか、だれかが「すべての学問は哲学と地理学から生まれた」…って言ってたような…



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする