笑っていいとも!!

クリスマス特大号!

今日はクリスマスイブですね。

クリスマスといえば、去年の今頃、「笑っていいともラストクリスマス特大号」がやってましたね。
私は、去年「笑っていいとも」終了の発表があってから、毎日番組を録画し、食い入るように見てました。あまりに見ていたため、一種の精神安定剤のようになってました。その日の笑っていいともを見ないと気が済まないのです。なぜそこまで、私は「笑っていいとも」にはまっていたのでしょうか。

「笑っていいとも」の魅力

それはいくつか理由があります。ひとつはこじんまりとしたスタジオで、出演者がわいわいがやがややって、突発的な驚きや笑いが起きる。そんなカオスな感じとハプニングがおもしろかったのと、

もうひとつは、新宿に行けばスタジオアルタが見えて、そのなかで生放送をやっているという事実。新宿に行けばタモリさんに会える、そんな気がして…テレビというものが自分の身近に感じれる、そんな番組でした。

いいとも=伝統芸能、無形文化財

あと、番組から漂うどことない昭和感がたまらなく好きだったなぁ。番組ロゴとかテーマソングとか。まぁ、番組開始からからテイストを変えずやってるからですよね。普通なら、飽きて変えますけど、ずっと変えていない。マンネリを超えて伝統芸能、無形文化財の域まで達してますよ、ほんとに。

一年に一回「年忘れ特大号」だけ復活してくれないかな…そんなことを思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする