年末でも通常営業「NHK高校講座」の魅力

NHK「高校講座」とは

テレビでは年末、通常の平日にやっているニュース番組やバラエティ番組は放送しておらず、特別番組を多くやってますよね。そんななか、通常どおり放送しているのが、NHKEテレでやっている「高校講座」(月~金 14:00~15:00)です。「高校講座」とはその名の通り、高校生が学校で習う科目をタレントや先生がわかりやすく、ときにはユーモアを交えながら解説するという番組です。

私は、かねてからこの「高校講座」をチェックしているのですが、その魅力はいくつかあります。

①中身が濃い!

ひとつは、番組内容がしっかりしていること。普段生徒に教えている中高教員が監修していることもあって、ほかの民放でやる内容よりも、内容がしっかりしており、かつ濃いです。でも、わかりやすく、ユーモアもあり、とっつきやすいので、社会人でその分野を学んでいた方、社会人になってその分野に興味がわいた方でも、十分楽しめます。

②出演者がおもしろい!

次に、出演者がおもしろい。出演者はタレントや芸人さんなのですが、そのキャスティングが絶妙。やはりその科目に少しでも関連性のある人が出演するんですね。例えば、

「生物」は東京農工大出身のハマカーン(芸人)
「物理」はお茶の水女子大物理学科出身の黒田有彩(タレント)
「美術」は武蔵野美大出身のKIKI(モデル)

そして、その出演者が真面目に教科を解説するんです。他の番組ではおちゃらけている人が、真面目に説明をする。その人の意外な一面が見れる、それが魅力です。

③再放送あり!

最後に何度でも、見られる。どうやら、一年間放送した同じものを、もう一年間放送しているみたいなんですよね。ということで、見逃した!や、もう一度見たい!場合はもう一年待てば、また見れるということです。

以上が高校講座の魅力です。
ということで、みなさんも高校講座を見て、その魅力を確かめてみてください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする