知られざるオタクの世界~マルフク看板コレクション~

見たことある「マルフク」

みなさんは、この看板見たことありますか。
ちなみに、この画像は私が手書きで描いたものなので、だいぶ下手ですが、赤地に白い文字で「マルフク」と書かれており、その下に電話番号が書かれています。この「マルフク」看板。私の近所ではよく見かけます。しかも、昔ながらのホーロー看板で、だいたいトタン板の建物の壁に貼り付けられています。前からよく見かけるのですが、いったい何の看板なのか気になって調べました。

「マルフク」看板は昭和の遺産だった

まず、「マルフク」ですが、電話加入権というものを担保にしてお金を貸す、いわゆる消費者金融業者でした。しかし、この電話加入権の価値が時代とともに下がったため、経営難となり、2009年に廃業しています。そして、当時全国に店舗があり、そのためか、全国の民家にこのホーロー看板が取り付けられたとのこと。
つまりホーロー看板で、トタン板の古い建物に取り付けてあるということは、この看板、今はなき昭和の遺産だったということです。
時は2015年になっても、ひっそりと貼られてある、忘れ去られた昭和の遺産…「マルフク」の四文字に懐かしさと切なさを感じます。

知られざる、マルフク看板”だけ”をまとめたサイト!

そしてさらに驚いたのが、全国にあるマルフク看板をまとめたサイトがあったのです。「マルフク看板コレクション(β)」という名前のサイトなのですが、マルフクの看板の種類や、全国各地のマルフク看板の所在位置が調べられたりと、内容はかなり充実しています。しかもtwitterに「電話の金融マルフクbot」というものがあり、フォロワーも結構いるんですね。ということはこの「マルフク看板」に魅了された人々がかなりいるということですね。
全国各地で、多様な種類がある「マルフク看板」。これ絶対地理学の研究対象になると思います。消費者金融の看板なので、イメージは良くないですが、誰か卒論でやってみたらいかかでしょうか。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする