恐るべき住宅地~磯村建設~

先日、動画サイトで「磯村建設」という会社のCMを見たのですが、軽快なBGM、ナレーションとは裏腹に、ものすごい内容のCMでした。

「電話!343-4911!磯村建設~♪」

そのCM内容がこちら。

「広ーい庭の土地付き一戸建て分譲住宅
柏田ニュータウン
池袋より直通90分、東武東上線男衾駅から徒歩18分

「桜沢ニュータウン
池袋から90分、東武東上線鉢形駅より徒歩15分
長期住宅ローンで家賃並みのお支払」

「広ーい庭の土地付一戸建て住宅 ひばりヶおか
池袋より直通90分、東武東上線男衾駅から徒歩18分

「土地付一戸建て住宅 めじろ台
池袋から90分、東武東上線鉢形駅より徒歩15分

池袋から90分―何もないところにつくられた住宅地

まずすごいのが、池袋から90分かかるということさらっと言っているところ。

このCMがやっていたのは1979年らしいのですが、当時としては「夢のマイホーム」を郊外に求めるのが当たり前で、長時間通勤も当たり前だったらしいですが、池袋から90分って…いくらなんでも遠すぎる。

しかも最寄り駅までが池袋から90分ということで、家まではさらに徒歩18分もかかる。

ざっと計算して108分。1時間と48分もかかるんですから、通勤片道1時間48分、まさに通勤地獄。

しかも、それが一生続くわけですからね。恐ろしい住宅地だ。

ちなみに、最寄駅から住宅地までは商店はおろか街灯すらなかったそうです。

あのニュータウンかと見間違う名前

また、住宅地の名前も「ひばりヶおか」「めじろ台」となっていますが、

西武池袋線沿線のニュータウン「ひばりが丘」と京王線沿線の「めじろ台」を完全にパクっています。

当時としてはどちらも有名な住宅地でしたので、パクったんでしょうね。

ちなみに、wikipediaによると、磯村建設は1985年に破産宣告を受けたそうです。



地理 ブログランキングへ





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 桃山 より:

    「磯村建設」でググッて、ここにたどり着きました。磯村建設のCMが放映されていた頃、小学校高学年でした。電話番号は今でも脳裏に焼き付いています。磯村建設にいたずら電話をする同級生もいました。
    駅から徒歩18分といっても、男の早足で一度も信号待ちがなくてであって、実際は30分くらいであって、とても歩いて駅まで行く距離ではなかったのかもしれませんね。

  2. キリコ より:

    実際、現地見てみれば分かると思いますが、ほんとに凄いです。特に後期に売り出した磯村ブランドネーム「ひばりがおか」は虫食いのように小規模に分散して家を建てていますが、どこも駅まで徒歩18分は男の足でもきついでしょう。それも街灯もない狭い農道が主です。「ひばりがおか」が分譲された頃には寄居~池袋直通列車は完全廃止されました。たまに空き家が売りにだされてます。250万円~400万円程度。
    30年以上経って、あの場所で高すぎる。2016年現在、汲取り式トイレも多数存在します。ほんとに凄い昭和の遺産です。

  3. 森岡縣二 より:

    桃山さん、コメントありがとうございます。
    リズミカルなあのCMは、覚えやすいですよね。
    なるほど、実際は歩いてもっとかかったんですね。仕事で疲れて帰ってきて、徒歩30分は辛すぎです。

  4. 森岡縣二 より:

    キリコさん、コメントありがとうございます。
    この時代にまだ空き家が売り出されているとは、驚きです。
    30年たってもまだ残っているんですね。情報ありがとうございます。