ACの「軍艦島」CMはウソだった!?

AC、公共広告機構はその時々の社会の問題や意見を主張するCMです。

この中に世界文化遺産に登録された長崎県の端島、通称:軍艦島が登場するCMがあります。

軍艦島は海底炭鉱の採掘で栄え、小さな島に多くの人々が移り住みました。1974年に軍艦島の海底炭鉱閉山により、島民が島を離れ、その後は無人島となっていました。

ACの軍艦島CMが放送されたのは1982年。当時の島は荒れ果て、高度経済成長の負の遺産として見られていたと思います。

そのCMの内容なのですが、

「石炭が発見され、人々が移り住んだが、その石炭を掘りつくして、人々が島を去ってしまった。

資源とともに島は死んだ。

私たちも今、資源のない島、日本に住んでいる。資源を大切にしよう。 」

というものなのです。

こちらがそのCM↓

しかし、重大なウソがこのCMにはあります。

それは、軍艦島は石炭を掘りつくして、 人々が島を去ったのではなく、エネルギーが石炭から石油に代わったことで、石炭の価値がなくなり、閉山したわけです。

外部の要因で閉山したわけであって、石炭を掘りつくして閉山したわけではありません。

ともあれ、当時はネットもないですし、軍艦島がどんなものかもわからないですし、このCMを見た人は資源を使い果たして人々が住めなくなった島、そのように軍艦島を理解したことでしょう。

それが今じゃ世界遺産。将来どうなるかわかりませんね。

それにしても、ACのCMってなんでこんなに怖いんでしょうか。今見ても十分怖い。制作者も恐怖を与えようとしていたのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする