怖いニュースオープニングを見て

先日youtubeに「怖いニュースのOP集 20連発」という動画を見つけたので、見たんですけど、昔のニュース番組のオープニングってものすごい怖いことがわかりました。

たぶん、昔は冷戦とか凶悪犯罪とか世界的にも国内的にも緊迫していて、ニュース番組自体も緊迫したものだったんでしょう。だからオープニングも緊迫したもの、度を超せば恐怖感すらあたえるものが多かったのでしょう。

今みたいに、明るくて軽やかなニュースバラエティーのオープニングとは大違いですね。

ということで、私の怖さランキングをつくってみました。

第4位 東京新聞ニュース(1:11~)

幼いころ見たことがあるこのオープニング。流れてるBGMも怖いですが、「東京新聞ニュース」のフォントが怖いです。

第3位 sun-tvニュース(3:06~)

この電子音がとにかく、怖いというか不快です。

第2位 テレビ朝刊 FNN(4:26~)

エンドレスで繰り返すこのBGMがとても怖い。いつまで続くのかわからない恐怖感があります。

第1位 ニュースセンター9時 (5:06~)

黒地に白の時計。そして人を不安にさせる音。とにかく見てください。私はこれが一番怖かったです。

でも、なんとなく懐かしく感じるんですよね、昔のテレビって良いですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あき より:

    JNNのニュースコープとニュースデスクが怖く耳に残りました。緑色の画面からJNNが流れながらニュースデスクのスーパーが飛び出すのも怖かった。

  2. 森岡縣二 より:

    あきさん、コメントありがとうございます。スーパーが飛び出すものは怖いですよね。迫ってくる感じがありますし。そのような効果が多いのは、やはり「飛び出す = ニュースを発信する」というイメージがあるからでしょうね。