箱根駅伝よりも過酷「東日本縦断駅伝」

日本の正月の風物詩と言えば、箱根駅伝ですね。

東京・大手町をスタートして、箱根芦ノ湖まで走り、そこからまた大手町に戻ってくる。

箱根の山登りがあるなど、何かと過酷なこの駅伝。

実は、この箱根駅伝より過酷な駅伝がかつて存在したんです。

それは「東日本縦断駅伝」。通称:青東駅伝。

青森市にある青森県庁前をスタートして、東京・銀座を目指します。

区間はなんと55区間。総距離は759.0km。
(※wkipediaにはこう書いてありましたが、年により変わるそうです。)

箱根駅伝の区間は10区間。総距離は217.1km。

比べると青東駅伝のスケールの大きさがわかります。

箱根駅伝は2日間ですが、なんと青東駅伝は7日間かけて走破するわけです。

あまりにもスケールのでかい駅伝。

しかし、道路や鉄道の増設による交通事情の変化等で、2002年を最後に開催されていません。

こんな長い距離を一本のタスキでつなぐ駅伝。ものすごいワクワクしますが、

もう復活しないでしょうね。

地理オタクとしてはいったいどんなコースを走っていたのか、見てみて、分析してみたいです。

参考資料:「東日本縦断駅伝」-wikipedia 「2001-2002 駅伝時評」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする