地理学は脱出ロープ

 

ひとつの国にあらゆる民族

地理学は脱出ロープなわけがないですが、

実はそうなんです。

地理学は世界中のいろいろな地域のことを学べますよね。

例えばロシアはひとつの国ですが、そのなかには数多くの民族がおり、多数の共和国が存在しています。

宗教もロシア正教のみならず、イスラム教、仏教そしてユダヤ教と様々な宗教が信仰されています。

ロシアというひとつの国をとっても、こんなに多様性に富んでいます。

もちろん世界規模でみると、もう数えきれないくらいの民族、言語、宗教が存在してるわけです。

地域に支配される人間

その人の考え方、生き方は生まれた場所、または住んでいる場所で決まったりします。

たとえば、愛し合っている二人が結婚するのは当たり前ですが、

男性が牛を数十頭もっているほうが結婚できる、そんな 地域もあります。

人は言語によって考え方が左右されます。

日本語は最後まで聞かないと「何がしたいのか」わかりませんが、英語はまず「何がしたいのか」が先に来ます。

頭の中で、日本語で考える場合と英語で考える場合とでは、まったく考え方の仕組みが違うわけです。

その地域で生まれた人は、いやでも地域の慣習、価値観、ルールに従わなくてはならないのです。

あるいは知らないうちにそうなっているのです。

多種多様な価値観

しかし、地理学を学ぶと、知らない間に当たり前だと思っていたことが、実は違うということがわかるわけです。

こんなにも様々な民族・文化があり、その分だけ様々な価値観がある、ということがわかるわけです。

それを知ったからには、もう大丈夫です。安心してください。

もうあなたは今までの価値観に縛られることはありません。

世界中の価値観の中から好きな価値観を見つけて、それを頼りに生きていけばいいわけです。

できれば、その価値観の国の人と会ってみてもいいでしょう。

地理学は脱出ロープ

「井の中の蛙大海を知らず」と言いますが、あなたは今、深くて狭い穴の底にいるとしましょう。

そのとき、頭上から一本のロープが降りてきました。

そのロープを使ってあなたは地上に出て、広い草原を歩けるようになりました。

このたまたま降りてきたロープこそが地理学です。

たまたま授業で習った、その程度の地理学です。

でも、その地理学を学んで駆使すれば、どんなに遠くの国のことだってわかり、

どんなに遠くの国の人とも価値観を共有することができるのです。

あなたはせっかくロープが降りてきたのに、つかまらないんですか。

もったいない。

つべこべ言わずにつかまってみてください。

今まで見たことのない世界中の景色をみることができます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする