軍事同盟の世界地図~トランプとプーチンの時代~

世界的な軍事同盟

世界的な軍事同盟として以下の3つが挙げられます。

NATO (1949~)

アメリカを中心とした、北アメリカとヨーロッパの軍事同盟

ワルシャワ条約機構 (1955~1991)

ソ連を中心とした、共産圏の軍事同盟

上海協力機構 (2001~)

中国、ロシアを中心としたアジア圏の多国間協力機構
近年は軍事同盟としての役割も果たしている、という見方もある。

地理的に近い国々

このように見ると、世界地図はアメリカとヨーロッパを中心にした勢力と

ロシア・中国を中心にしたユーラシア大陸の勢力

この2つに分けられていることがわかります。

地理的にも、勢力内同士の国々は隣接し、直接的な利益を共有しているといえます。

逆に、アメリカとロシアは地理的にも離れており、領土問題もなく、疎遠な関係にあります。

戦後、この2つの勢力のパワーバランスによって、世界の平和が保たれているといってもよいでしょう。

しかも、冷戦終結後も、そのパワーバランスは変わってないように思います。

↓NATOとワルシャワ条約機構の加盟国

「NATO・米 VS 露」 の動き

その一方で、近年、不穏な動きも始まっています。

【NATOの動き】

NATO、バルト海沿岸に4千人展開へ 対ロシアを念頭

NATO、ポーランドで冷戦以降最大の軍事演習 露は反発

バルト海沿岸にはリトアニア、エストニア、ラトビア(いずれも旧ソ連)があり、その奥にロシアがあります。

またポーランドもベラルーシ、ウクライナ(いずれも旧ソ連)の隣です。

どちらもロシアの勢力圏のすぐ隣で、NATO勢力が拡大しています。

【ロシアの動き】

米ミサイル防衛の東欧配備、プーチン氏が「対抗措置」を言明

ロシア、国後・択捉にミサイル配備 軍事拠点化進める

プーチンさんは12月に訪日する予定ですが、

北方領土の国後に、北海道が射程に入るミサイルを配備しました。

これもアメリカをけん制する狙いでしょうか。

「トランプ大統領誕生」で変わる世界地図

これだけを見ると、きな臭い感じがしてきますが、
どうやらトランプが次期大統領に選ばれたことにより、

状況が変わりそうです。
【米政権交代】トランプ氏とプーチン氏、米ロ関係修復に努力すると合意


※画像はBBCnews JAPAN ホームページより

また、フィリピンのドゥテルテ大統領は中露に接近。

トルコもNATO加盟国でありながら、露に接近。

と、今、国際情勢は大きな分岐点に来ているのかもしれません。

この結果、上記にあげた軍事同盟がどのように変化していくのか。

また世界情勢がどのように変わっていくのか。

もしかしたら、世界地図が描き変わるかもしれない。

その鍵を握るのは、間違いなくトランプとプーチンでしょう。

今後の動きに注目です。

参考資料
wikipedia 北大西洋条約機構
wikipedia ワルシャワ条約機構
wikipedia 上海協力機構
軍事同盟加盟国図はwikipedia より引用
地図はgooglemapより引用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする