オタクで何が悪いんでしょうか?

オタクのイメージは?

オタクで何が悪いでしょうかという、少し挑戦的なタイトルになってしまいましたが、

実際のところ、オタクってあんまり良いイメージがないと思います。

昔アニメオタクが事件を起こしたというのがありました。

そういうのがメディアしていて一般的にオタクについて良いイメージがないと思います。

そんなオタクのメリットとは何なのか

世の中を変えたのはオタク

でも皆さん少し考えてください、世の中を変えたのはオタクだと思うんです。

多分エジソンだって、あれだけの大発明ができたのもひとつの分野対して、

ものすごくのめり込んだから、つまりオタクだったからできたことだと思います。

他の何かを成し遂げた人たちだって同じだと思います。

ひとつのことに対してのめり込む、そして、それを極めて、新しいものを生み出す。

その執着心、探究心は、現代のオタクと同じです。

やっぱり世の中を変えたのはオタクだったと思います。

みんな何かのオタク

例えばそこの学生さん、

受験勉強だって、スポーツだって、うまくなるためには、のめり込むことが大事だと思います。

勉強だって何かひとつだけ得意な科目できれば、その科目にのめり込むことができます。

スポーツだってその競技を好きになって、得意なことができれば、のめり込むことができます。

そうすれば自然と良い方向へ向かうと思います。

このプロセスは、ある意味、オタクと同じです。

仕事だって同じです。今やっている仕事を好きになってのめり込むことができれば、

つまりオタクになることができれば、スムーズに良い方向に仕事ができるはずです。

自分の居場所が見つけられる

これを見ているあなただって、何かのオタクなはずです。

私は、何も興味がない。と思っているあなた。

必ず、何か興味があるはずです。

その興味を生かして、のめり込むことができれば、オタクになることができれば、

必ず、良い方向へ、向かいます。

オタクになることで、それが仕事になったり、趣味になったりして、

自分の人生をもっとより良いものにしてくれるはずです。

自分の居場所がないと思っている方。

オタクになってしまいましょう。

そうすることで、自分の居場所が見つかるはずです。

何かに熱中する=人生が豊かになる

皆さん、「釣りバカ日誌」という作品を知っていますか?

釣りがとても好きな営業マンのハマちゃん(浜崎伝助)は、仕事もほどほどに、釣りに行きます。

時には、会社をズル休みして、釣りに行く始末。

仕事より、釣りが好きなハマちゃん。釣りバカ=オタクですよね。

でも、釣りを通して、いろいろな場所を旅したり、いろんな人に出会ったり、

これって、ものすごく人生が豊かになっていませんか?

人に笑われる、バカにされる趣味だって、

その人にとっては、人生を豊かにしてくれる大事なものなのです。

あなたも、オタクになることで、人生を豊かにして見ませんか。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする