地理オタクは究極のリアリスト

リアリストは誰か

よく、君はロマンチストだね。だとか、

リアリスト=現実主義者だね。だとか、人に言いますが、

ロマンチスト、リアリストの人って、どんな人が思い浮かびますか?

私は、リアリストってどんな人だろう、と思い浮かべたときに、

真っ先に自分を思い浮かべました。

なぜなら、私は地理に詳しく、地理好きな「地理オタク」だからです。

地理=現実

地理オタクはリアリストが多いと思います。

なぜなら、地理=現実そのものだから。

地理とは、この地球上、土地の上にあるモノ、コトの状態のことです。

地理には、地形や気象などの自然分野や、人口、産業、交通など人文分野も含まれています。

つまり地球上にあるものすべてが地理なんです。

まさに現実社会は、地理とともに存在しているわけです。

だから、地理オタクは、地理を見ていると同時に現実を見ています。

絶対に逃れられない「地理」

よく、地理とか地理学とかって、地味だなー、とかそういうイメージあると思います。

でも、人は、地球上にいる限り、地理からは逃れらないのです。

それは何千年も前から変わりません。

原始人が狩猟をするときだって、地理を詳しく調べたはず。

戦国武将や中世の騎士だって、戦いの前は地理を綿密に把握したはず。

「関係ねぇーし」な女子高生にも関係ある「地理」

そんなこと言われても、あたしには関係ねぇーし、

地理の授業暗記ばっかでつまんねぇーし。

と思っているそこの女子高生。

初めて原宿に行くときは、原宿駅や竹下通り周辺の地理をスマホで詳しく調べるはず。

マウスのいる某夢の国だって、千葉県の浦安市にあるレジャー施設のひとつです。

自分の住んでいるところは田舎だから、大学進学して、都内で一人暮らししたいなぁ…

そう考えている時点で、あなたは「田舎と都会」という地理学的テーマに関心をもっています。

ね、地理は現実と切っても切り離せないものなのです。

その地理を愛してやまない地理オタクは、究極のリアリストと言えるでしょう。


地理 ブログランキングへ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする