「オタク」の消滅 ― 真の「オタク」は「地理オタク」

オタク
前回の投稿の続き…
 
「オタク文化」は、巨大化し、大きな力を持ったということを書きましたが、
 

「オタク」ってそもそも何?

 
でも、ちょっと待ってください。「オタク」「オタク文化」って何でしょうか。「にわかオタク」、巨大な「オタクコミュニティー」、「オタク文化」で町おこし…全部おかしくありませんか。本来の「オタク」は趣味に対して熱狂的で、怪しさすら感じさせるものだったはず。「オタク文化」は一般大衆には受け入れられないマニアックなもので、下手すれば危険なものだったはず。また少数の人々が小さなコミュニティーでこそこそやっていたものだったはず。
 

「オタク」の消滅

ということは、今現在、本当のアニメ、マンガ、アイドルの「オタク」「オタク文化」は消滅した、ということでしょう。
アニメ、マンガ、アイドルは有名になりすぎて「オタク文化」ではなくなり、ポップカルチャーになったということです。

真の「オタク」は「地理オタク」

 

で、アニメ、マンガ、アイドルの「オタク」が去った今、本当の「オタク」は何か。そのひとつは「地理オタク」でしょう。「地理」は危険ではありませんが、奥深いため、非常にマニアックで一般の人はついていけません。一般のひとは地名や地理用語が暗号に聞こえるでしょう。また、いつの時代もこの世に「地理」が存在する限り、熱狂的な「地理オタク」は必ず存在します。そして、メディアにも取り上げられず、有名にも、ブームにもならず、地味で細々とやっている「地理オタク」こそ真の「オタク」でしょう。
この記事を書いた人
細田貴洋【地理・地図ライター】

ほそだたかひろ

地理・地図に詳しい【地理・地図ライター】

駒澤大学地理学科卒(都市地理学)

テレビラジオ、アートといったカルチャーにも詳しい

■ラジオ番組
・FM NACK5『THE SEITARO★RADIO SHOW「1700」』出演
・LuckyFM茨城放送「HAPPYパンチ!」出演

■執筆した地理系記事が「デイリーポータルZ」に掲載

■Webメディアで地理系記事を多数執筆

Webデザイナーもやってます。

ペンネーム「モリオカケンジ」

細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする

執筆などのご依頼、お問い合わせはこちら↓

すべての「地理好き」必見!地理系メルマガやってます!

・メルマガ限定の地理ネタ

・お役立ち地理系情報・ニュース

・大学の「地理学科・地理学専攻」の選び方(受験生向け)

・地理が活かせる仕事の選び方(就活生向け)

・その他、メルマガ読者さん限定のお得情報

などなど。

メルマガ読者さん限定の情報を無料で配信していきます。

メルマガ登録はこちら(いつでも配信解除できます)
↓↓↓

e-mail*
お名前*
個人情報の保護について
当ウェブサイトの「メルマガ登録フォーム」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、 お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。



*印の入力は必須です。

私、ホームページ制作もやってます↓

オタク地理
スポンサーリンク
細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする
スポンサーリンク
芸術地理学通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました