ACの「軍艦島」CMはウソだった!?

テレビ・ラジオ

AC、公共広告機構はその時々の社会の問題や意見を主張するCMです。

この中に世界文化遺産に登録された長崎県の端島、通称:軍艦島が登場するCMがあります。

軍艦島は海底炭鉱の採掘で栄え、小さな島に多くの人々が移り住みました。1974年に軍艦島の海底炭鉱閉山により、島民が島を離れ、その後は無人島となっていました。

ACの軍艦島CMが放送されたのは1982年。当時の島は荒れ果て、高度経済成長の負の遺産として見られていたと思います。

そのCMの内容なのですが、

「石炭が発見され、人々が移り住んだが、その石炭を掘りつくして、人々が島を去ってしまった。

資源とともに島は死んだ。

私たちも今、資源のない島、日本に住んでいる。資源を大切にしよう。 」

というものなのです。

しかし、重大なウソがこのCMにはあります。

それは、軍艦島は石炭を掘りつくして、 人々が島を去ったのではなく、エネルギーが石炭から石油に代わったことで、石炭の価値がなくなり、閉山したわけです。

外部の要因で閉山したわけであって、石炭を掘りつくして閉山したわけではありません。

ともあれ、当時はネットもないですし、軍艦島がどんなものかもわからないですし、このCMを見た人は資源を使い果たして人々が住めなくなった島、そのように軍艦島を理解したことでしょう。

それが今じゃ世界遺産。将来どうなるかわかりませんね。

それにしても、ACのCMってなんでこんなに怖いんでしょうか。今見ても十分怖い。制作者も恐怖を与えようとしていたのかもしれません。

この記事を書いた人
細田貴洋【地理・地図ライター】

ほそだたかひろ

地理・地図に詳しい【地理・地図ライター】

駒澤大学地理学科卒(都市地理学)

テレビラジオ、アートといったカルチャーにも詳しい

■ラジオ番組
・FM NACK5『THE SEITARO★RADIO SHOW「1700」』出演
・LuckyFM茨城放送「HAPPYパンチ!」出演

■執筆した地理系記事が「デイリーポータルZ」に掲載

■Webメディアで地理系記事を多数執筆

Webデザイナーもやってます。

ペンネーム「モリオカケンジ」

細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする

執筆などのご依頼、お問い合わせはこちら↓

すべての「地理好き」必見!地理系メルマガやってます!

・メルマガ限定の地理ネタ

・お役立ち地理系情報・ニュース

・大学の「地理学科・地理学専攻」の選び方(受験生向け)

・地理が活かせる仕事の選び方(就活生向け)

・その他、メルマガ読者さん限定のお得情報

などなど。

メルマガ読者さん限定の情報を無料で配信していきます。

メルマガ登録はこちら(いつでも配信解除できます)
↓↓↓

e-mail*
お名前*
個人情報の保護について
当ウェブサイトの「メルマガ登録フォーム」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、 お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。



*印の入力は必須です。

私、ホームページ制作もやってます↓

テレビ・ラジオ芸術と地理
スポンサーリンク
細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする
スポンサーリンク
芸術地理学通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました