埼玉県が4つの県に分裂(空想地理ニュース)

埼玉県が4つの県に分裂(空想地理ニュース) 空想地理ニュース

かねてから埼玉県の東と西で交流がない「東西問題」や東京に近い新住民ともともとの住民との対立など、根深い問題を抱えていた埼玉県であったが、2021年1月1日に4つの地域に分裂し、新たに県としてスタートを切ることになった。

旧埼玉県の範囲。これが4つに分裂した。

多くの問題を抱えていた埼玉県であったが、2000年から「埼玉県を4つの県にする協議会」が発足し、埼玉県を4つの地域にわけ、新たに県として編成することが協議された。20年に渡る協議の結果、国・埼玉県がこの内容に合意し、2021年に晴れて4つの県が誕生する。

新たに生まれる県は以下の4つである

・さいたま県(さいたま市を含む東部地域、川越、所沢など)
・熊谷県(県北地域)
・東松山県(県央地域)
・秩父県(秩父市などの秩父山地、飯能市など)


埼玉みらい大学の山田四郎教授(行政学)によると「これにより各行政サービスなどがスムーズに行き渡るようになり、さらなる地域の発展が見込める」

しかし、新たにできた4つの県民からはさまざまな声があがっている。


「今回の分裂は良かったと思います。ほかの3つの県とはもともと関わりがなかったし、職場も東京ですから」(さいたま県民・30代男性)


「秩父は独立国みたいなもんですからね〜他がどうなろうと関係ないね」(秩父県・60代男性)


「熊谷県になったけど大丈夫なのかね。いっそ群馬県に編入したらどうでしょう」(熊谷県・40代女性)


「さいたま、熊谷、秩父。それぞれ有名な場所ですけど、東松山県は知名度的には大丈夫でしょうか。」(東松山県・20代女性)


いずれにしても、これからの各県の発展に期待したい。


この記事はフィクションであり実在の人物・団体とは関係ありません

この記事を書いた人
細田貴洋【地理・地図ライター】

ほそだたかひろ

地理・地図に詳しい【地理・地図ライター】

駒澤大学地理学科卒(都市地理学)、学士(地理学)

国内旅行業務取扱管理者

テレビラジオ、アートといったカルチャーにも詳しい

■ラジオ番組
・FM NACK5『THE SEITARO★RADIO SHOW「1700」』出演
・LuckyFM茨城放送「HAPPYパンチ!」出演

■Webメディアで地理系記事を多数執筆→詳しくはプロフィールページをどうぞ

Webデザイナーもやってます。

ペンネーム「モリオカケンジ」

細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする

記事執筆・メディア出演などのご依頼、お問い合わせはこちら↓

すべての「地理好き」必見!地理系メルマガやってます!

・メルマガ限定の地理ネタ

・お役立ち地理系情報・ニュース

・大学の「地理学科・地理学専攻」の選び方(受験生向け)

・地理が活かせる仕事の選び方(就活生向け)

・その他、メルマガ読者さん限定のお得情報

などなど。

メルマガ読者さん限定の情報を無料で配信していきます。

メルマガ登録はこちら(いつでも配信解除できます)
↓↓↓

e-mail*
お名前*
個人情報の保護について
当ウェブサイトの「メルマガ登録フォーム」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、 お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。



*印の入力は必須です。

私、ホームページ制作もやってます↓

空想地理ニュース
スポンサーリンク
細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする
スポンサーリンク
芸術地理学通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました