【2022年最新】麹町日テレを訪問〜旧社屋は解体され公園&駐車場に〜

テレビ・ラジオ

久々に麹町日テレに行ってみた

前回訪問から4年経過

前回2018年1月に麹町日テレに行ったのですが、あれから約4年。

2021年12月末。

麹町日テレはどうなっているのか、久々に行ってみました。

今回はその訪問時の様子と2022年1月時点の情報も踏まえ、麹町日テレの現状を紹介したいと思います。

前回訪れたときの記事はこちら↓

地下鉄麹町駅を出ると…旧社屋がない!

麹町駅の6番出口

以前訪問時と同じく、麹町日テレに一番近い麹町駅の6番出口へ。

この看板は変わってません。

古びた階段を登っていると「漏水につき足元注意」の張り紙が。

そうとう老朽化しているということでしょうか。

そろそろ地上が見えてくるというところで、急に新しい壁面が出現。

4年前に訪れたときにはここに日テレの旧ロゴマークが使われた看板があったのですが、撤去されていました。

4年前訪問時の同じ場所

旧社屋は解体

地下鉄の出口から地上に出ると…

旧社屋がない!

なんと旧社屋があった場所は駐車場になっていました。

4年前は同じ場所に南館がありました。

増改築を繰り返しながら長年使われていた南館、西館、北館、アーカイブ館といった旧社屋はすべて解体されたようです。

旧社屋の配置図

ズームインのマイスタも跡形もない

4年前に訪れたときはここに「ズームイン!!朝!」の放送が行われていた「マイスタ」があったのですが、跡形もなく消え去っています。

残っているのはマイスタ前のレンガ状の路面だけ。

麹町駅6番出口付近
4年前は同じ場所にマイスタがあった。

旧社屋(南館)の正面玄関があった場所。

ここらへんで徳光さんや福留さんが毎朝「ズームイン!」したり、数多くの芸能人が行き来していました。

今はコインパーキングの入口になっています。

コインパーキングの入り口
4年前は旧社屋(南館)の正面玄関があった。

旧社屋は公園&駐車場に

コインパーキング

旧社屋跡地の大部分がコインパーキングになっています。

「NPC24H二番町日本テレビ通りパーキング」という名前だそうです。

まさか日本初の民放テレビ局であり数々の番組がつくられた麹町日テレに駐車できるとは。

こんな日が来るとは思ってもみなかったでしょう。

スタジオ内で心霊現象が起こると言われていた「Hスタジオ(アーカイブ館にあった)」も駐車場になっています。

ちなみに料金は「全日 08:00-22:00 300円/15分」「全日 22:00-08:00 100円/60分」だそうです。

コインパーキングの公式サイト↓

NPC24H二番町日本テレビ通りパーキングの駐車場の詳細|日本パーキング株式会社(NPC24H)
千代田区のコインパーキング(時間貸し駐車場、予約駐車場)、月極駐車場の事なら、日本パーキングにお任せ下さい。NPC24H二番町日本テレビ通りパーキングはきれい、安心、安全な徹底した管理体制ですので、快適にご利用頂けます。日本全国の多くの地域でご利用頂けます。

番町の森

さきほど旧社屋は駐車場になったと言いましたが、一部は「番町の森」というきれいな公園になっていました。

旧社屋でいうと西館、北館の部分です。

2021年9月にオープン。

すべり台といった遊具やベンチ、地面がアスファルトの広場もありました。

訪れたときには子どもたちも遊んでいました。

お昼時にランチを食べる場所としても良さそうですね。

ちなみにここの管理者は日本テレビだそうで、完全に土地を手放したというわけではなさそうです。

番町の森について調べていたら「番町チャンネル」というYouTubeチャンネルを発見!

「東京都千代田区番町地域の魅力と便利でお得な生活情報をお届け」するチャンネルだそう。

日テレは社屋が移転しても麹町・番町エリアとのつながりを大切にしているようです。

番町チャンネルで「番町の森」を紹介しています。パーソナリティは「スッキリ」にも出てた葉山エレーヌさん↓

「番町の森」公式サイト↓

番町の森
「番町の森」の公式サイト。生まれ育ったこのまちで、見たい未来を創りたい。千代田区番町で生まれた日本初の民放テレビ局として数々の番組をつくり育ててきた日本テレビ。その経験を原動力に文化が生まれるこのまちで心から見たい未来を次々とかなえていこうと思います。

日本テレビ番町スタジオが完成!

旧社屋が解体されて日テレは完全撤退したかと思いきや…前回の訪問時に建設中だった「麹町新スタジオ」がしっかり完成していました。

名前は「番町スタジオ」になったようです。

番町の森からみた番町スタジオ

番町スタジオは北館の一部と日本庭園があった場所に新しく建設されたスタジオです。

2018年8月に竣工。

番町スタジオにあるC1スタジオとC2スタジオは日テレのスタジオの中でも最大の広さ。

4K放送に対応した最新設備完備、麹町の旧社屋の機能もこちらに移転しています。

「行列のできる法律相談所」「世界まる見え!テレビ特捜部」「ザ!世界仰天ニュース」「笑点」「有吉の壁」「有吉ゼミ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」 「世界の果てまでイッテQ!」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」などなど、数々の有名番組の収録で使われています。

白い外壁に四角くて高いビル。

上にある電波塔と相まって存在感がすごい。

番町の森からもよく見えます。

左側が番町スタジオ
番町スタジオ前にある配置図

麹町日テレの今後は?

番町の森は暫定利用

はたして解体された旧社屋跡は今後どうなるのか。

さきほども紹介したように、番町の森は日本テレビが管理しており、番町の森としての利用も永久的ではなく暫定的なもの。

またコインパーキングも簡単に他の用途に転用できます。

土地もまだ日本テレビ所有のようですので、日テレ側でさまざまなことに利用できるでしょう。

新スタジオもできましたし、番町の森を軸として周辺エリアとのつながりも大切にしているので、日テレが旧社屋跡を今後も活用していくのは間違いないでしょう。

もしかしたら新社屋&汐留から移転?

そもそも日テレの本社機能は汐留に移転しています。

日テレ=汐留というイメージも定着しています。

しかし汐留の社屋は狭いためスタジオ収録(とくに大掛かりな収録)には向かないようです。

完全撤退せず麹町にスタジオ機能を残したのもそのような理由からでしょう。

となると、もしかしたら旧社屋跡に新社屋が建設されて本社機能が麹町にもどってくることもありえるかも!?

本社とスタジオが近いほうが良いに決まってますし。

もしかしたら近い将来、汐留から麹町に再移転なんてこともあるかもしれません。

まとめ

・麹町旧社屋は解体。

・旧社屋跡は公園、駐車場に。

・公園は「番町の森」という名前。

・駐車場はコインパーキング。

・旧社屋跡の横には新スタジオ「日本テレビ 番町スタジオ」が完成。

・旧社屋跡にできた公園&駐車場は暫定的な利用で、今後別の用途に使われる可能性がある。

・もしかしたら汐留から麹町に再移転するかも!?(個人的な予想)

日テレ旧社屋跡がどのように変わっていくのか。

今後も注目したいと思います。

(余談)飯能出身の小髙茉緒アナウンサー

完全に余談ですが、

日本テレビの小髙茉緒アナウンサーは、私と同じ埼玉県飯能市出身とのこと。

飯能という小さな市(面積は広いけど人口は8万人程度)出身ということで親近感がわきました。

しかもラジオ好きということでさらに親近感。

同じ飯能出身者として応援しています!(勝手に応援)

私も地理・地図ライターとしていつか共演できるようにがんばろ。

2018年に麹町日テレ旧社屋を訪れた記事

他にも、放送局社屋について書いています↓


その他の放送局社屋訪問&情報はこちらから

放送局社屋・跡地に行ってみた&調べてみた

放送局の社屋に関する情報&放送局社屋・社屋跡地に行ってみた記事


参考サイト

日本テレビ、二番町社屋跡に「番町の森」 地域に根付いた自然広場に
日本テレビ放送網が9月5日、社屋移転に伴い跡地を活用した広場「番町の森」(千代田区二番町)をオープンした。
この記事を書いた人
細田貴洋【地理・地図ライター】

ほそだたかひろ

地理・地図に詳しい【地理・地図ライター】

駒澤大学地理学科卒(都市地理学)、学士(地理学)

国内旅行業務取扱管理者

テレビラジオ、アートといったカルチャーにも詳しい

■ラジオ番組
・FM NACK5『THE SEITARO★RADIO SHOW「1700」』出演
・LuckyFM茨城放送「HAPPYパンチ!」出演

■Webメディアで地理系記事を多数執筆→詳しくはプロフィールページをどうぞ

Webデザイナーもやってます。

ペンネーム「モリオカケンジ」

細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする

記事執筆・メディア出演などのご依頼、お問い合わせはこちら↓

すべての「地理好き」必見!地理系メルマガやってます!

・メルマガ限定の地理ネタ

・お役立ち地理系情報・ニュース

・大学の「地理学科・地理学専攻」の選び方(受験生向け)

・地理が活かせる仕事の選び方(就活生向け)

・その他、メルマガ読者さん限定のお得情報

などなど。

メルマガ読者さん限定の情報を無料で配信していきます。

メルマガ登録はこちら(いつでも配信解除できます)
↓↓↓

e-mail*
お名前*
個人情報の保護について
当ウェブサイトの「メルマガ登録フォーム」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、 お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。



*印の入力は必須です。

私、ホームページ制作もやってます↓

テレビ・ラジオ
スポンサーリンク
細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする
スポンサーリンク
芸術地理学通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました