高松次郎ミステリーズ

たまたま東京国立近代美術館に行き、「高松次郎ミステリーズ」という美術展を見てきた。ちなみに、今まで高松次郎氏については全く知らなかった。

高松次郎と影

展覧会は高松次郎氏の影を中心とした作品が展示されている。人間はモノを見るとき、純粋にそのものを見ているのではなく、ある種の固定観念を持ち、それを通して見ていると高松氏は考えた。そして、その固定観念を排除するため、モノが不在で、モノの影のみが展示されている、という作品を多く作った。影はたしかにあるが、影を作り出しているモノは見えない。実在しない不思議な世界へ引き込まれた感じがした。

固定観念の破壊と「モノ」の真の姿

また「複合体」という作品では、イスとレンガにより水平、垂直、斜面を表し、イスとレンガの機能を無意味化させた。「この七つの文字」という文字が書かれた作品は、一見ただの作品に見えるが、実は文字が持つ「何かを表す」という機能を取り払い、文字自体に意味を持たせた作品であった。

このように高松氏は「モノ」に対する固定観念を取り払い、「モノ」の真の姿を探求し続けた。たとえ、それが到達不可能なものだとしても。

数学や物理学を用いて、「モノ」の真の姿を探求したことも、非常に興味深かった。(展示されているドローイングには数字が多く書かれていた。)

この美術展は、現実世界に隣接する不思議な世界を見せてくれた。ようやく「高松次郎ミステリーズ」の意味がわかった。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする