地形アート鑑賞~パハロス島(北マリアナ諸島)~

地形アート鑑賞~パハロス島(北マリアナ諸島)~ アート

「地形は自然がつくったアート作品だ!」ということで、前回の青ヶ島(記事はこちら)に続いて、今回はこちらの島の地形をアート作品として鑑賞したいと思います。

「ファラリョン・デ・パハロス島」

聞いたことない人がほとんだと思います。くわしくはこちら(wikipedia「ファラリョン・デ・パハロス島」)を見てください。

北マリアナ諸島の最北端に位置する島で、そのすぐ北には南硫黄島があるわけです。つまり、小笠原・火山列島と同じ島弧にあるのがこの島であり、北マリアナ諸島というわけなんです。

遠いけど、意外と近く感じる…海外から来た外国人だと思ったら、意外と近くに住んでいた…そんな感じでしょうか。

では、さっそく。

【鑑賞ポイント(1) 真上から鑑賞】

いかにも火山が噴火してできたという感じ。火口からきれいに溶岩が広がっていったのがわかります。

【鑑賞ポイント(2) 火口をじっくり鑑賞】

どうですか、この火口。ゴツゴツして荒々しいですねぇ。

【鑑賞ポイント(3) くり抜かれてるところをじっくり鑑賞】

島の北東の地形は大きくえぐられています。なぜこのようになったのかわかりませんが、もうちょっとえぐられてもらったら、港ができるな…なんて想像するのもひとつの鑑賞方法。

それにしてもきれいな成層火山です。

【鑑賞ポイント(4) 地表の荒々しさをじっくり鑑賞】

西側の地表は赤くなっています。不気味です。なぜ赤くなっているのか。この赤さと茶色い地表が「不毛の島」をあらわしています。

この島、 北マリアナ諸島の最北端にあり、すぐとなりは日本。しかも緑もほとんどない。
なんだかさみしい、孤独な島…そんな感じがします。

 

ブログ内の画像は全てGoogle Mapより引用


地理 ブログランキングへ

この記事を書いた人
細田貴洋【地理・地図ライター】

ほそだたかひろ

地理・地図に詳しい【地理・地図ライター】

駒澤大学地理学科卒(都市地理学)

テレビラジオ、アートといったカルチャーにも詳しい

■ラジオ番組
・FM NACK5『THE SEITARO★RADIO SHOW「1700」』出演
・LuckyFM茨城放送「HAPPYパンチ!」出演

■執筆した地理系記事が「デイリーポータルZ」に掲載

■Webメディアで地理系記事を多数執筆

Webデザイナーもやってます。

ペンネーム「モリオカケンジ」

細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする

執筆などのご依頼、お問い合わせはこちら↓

すべての「地理好き」必見!地理系メルマガやってます!

・メルマガ限定の地理ネタ

・お役立ち地理系情報・ニュース

・大学の「地理学科・地理学専攻」の選び方(受験生向け)

・地理が活かせる仕事の選び方(就活生向け)

・その他、メルマガ読者さん限定のお得情報

などなど。

メルマガ読者さん限定の情報を無料で配信していきます。

メルマガ登録はこちら(いつでも配信解除できます)
↓↓↓

e-mail*
お名前*
個人情報の保護について
当ウェブサイトの「メルマガ登録フォーム」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、 お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。



*印の入力は必須です。

私、ホームページ制作もやってます↓

アート地理芸術と地理
スポンサーリンク
細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする
スポンサーリンク
芸術地理学通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました