地理学は脱出ロープ

地理

 

ひとつの国にあらゆる民族

地理学は脱出ロープなわけがないですが、

実はそうなんです。

地理学は世界中のいろいろな地域のことを学べますよね。

例えばロシアはひとつの国ですが、そのなかには数多くの民族がおり、多数の共和国が存在しています。

宗教もロシア正教のみならず、イスラム教、仏教そしてユダヤ教と様々な宗教が信仰されています。

ロシアというひとつの国をとっても、こんなに多様性に富んでいます。

もちろん世界規模でみると、もう数えきれないくらいの民族、言語、宗教が存在してるわけです。

 

地域に支配される人間

その人の考え方、生き方は生まれた場所、または住んでいる場所で決まったりします。

たとえば、愛し合っている二人が結婚するのは当たり前ですが、

男性が牛を数十頭もっているほうが結婚できる、そんな 地域もあります。

人は言語によって考え方が左右されます。

日本語は最後まで聞かないと「何がしたいのか」わかりませんが、英語はまず「何がしたいのか」が先に来ます。

頭の中で、日本語で考える場合と英語で考える場合とでは、まったく考え方の仕組みが違うわけです。

その地域で生まれた人は、いやでも地域の慣習、価値観、ルールに従わなくてはならないのです。

あるいは知らないうちにそうなっているのです。

 

多種多様な価値観

しかし、地理学を学ぶと、知らない間に当たり前だと思っていたことが、実は違うということがわかるわけです。

こんなにも様々な民族・文化があり、その分だけ様々な価値観がある、ということがわかるわけです。

それを知ったからには、もう大丈夫です。安心してください。

もうあなたは今までの価値観に縛られることはありません。

世界中の価値観の中から好きな価値観を見つけて、それを頼りに生きていけばいいわけです。

できれば、その価値観の国の人と会ってみてもいいでしょう。

 

地理学は脱出ロープ

「井の中の蛙大海を知らず」と言いますが、あなたは今、深くて狭い穴の底にいるとしましょう。

そのとき、頭上から一本のロープが降りてきました。

そのロープを使ってあなたは地上に出て、広い草原を歩けるようになりました。

このたまたま降りてきたロープこそが地理学です。

たまたま授業で習った、その程度の地理学です。

でも、その地理学を学んで駆使すれば、どんなに遠くの国のことだってわかり、

どんなに遠くの国の人とも価値観を共有することができるのです。

あなたはせっかくロープが降りてきたのに、つかまらないんですか。

もったいない。

つべこべ言わずにつかまってみてください。

今まで見たことのない世界中の景色をみることができます。

 

この記事を書いた人
細田貴洋【地理・地図ライター】

ほそだたかひろ

地理・地図に詳しい【地理・地図ライター】

駒澤大学地理学科卒(都市地理学)

テレビラジオ、アートといったカルチャーにも詳しい

■ラジオ番組
・FM NACK5『THE SEITARO★RADIO SHOW「1700」』出演
・LuckyFM茨城放送「HAPPYパンチ!」出演

■執筆した地理系記事が「デイリーポータルZ」に掲載

■Webメディアで地理系記事を多数執筆

Webデザイナーもやってます。

ペンネーム「モリオカケンジ」

細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする

執筆などのご依頼、お問い合わせはこちら↓

すべての「地理好き」必見!地理系メルマガやってます!

・メルマガ限定の地理ネタ

・お役立ち地理系情報・ニュース

・大学の「地理学科・地理学専攻」の選び方(受験生向け)

・地理が活かせる仕事の選び方(就活生向け)

・その他、メルマガ読者さん限定のお得情報

などなど。

メルマガ読者さん限定の情報を無料で配信していきます。

メルマガ登録はこちら(いつでも配信解除できます)
↓↓↓

e-mail*
お名前*
個人情報の保護について
当ウェブサイトの「メルマガ登録フォーム」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、 お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。



*印の入力は必須です。

私、ホームページ制作もやってます↓

地理生き方
スポンサーリンク
細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする
スポンサーリンク
芸術地理学通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました