岡本太郎と日本各地の民俗

アート

岡本太郎は「芸術は爆発だ」のような破天荒な芸術家のイメージが強いが、
彼はフィールドワークと日本各地、とくに地方の民俗を重視した。

彼は長年、資料としてしか見られてこなかった縄文土器の芸術性を再発見し、東北や沖縄に伝わる伝統的行事を取材してフィールドワークを行い、日本に眠っている古代から伝わる「伝統」を再発見した。

彼はカメラをもって、日本の地方を周り、写真や文章で記録した。

岡本太郎は各地の祭りに対してこのようなコメントを残している

秋田のなまはげ: 「なまはげは霊である」
東北の鹿踊り: 「もはや人間ではなく、獣と化し、少しだけ人間をのぞかせている」
沖縄・久高島の祭り: 「御嶽にひかれる。神が降りる神聖な場所なのに、祭壇も、偶像もない。永遠などないのだ。継いで継いで継がれていくことも永却。」

岡本太郎は「土器」や「祭り」のような根源的なものこそ、絶対的なもの、誰もがもっている根源的なものだと感じ、それに注目したのだろう。
その後、彼は大阪万博で太陽の塔をつくるが、人工的で近未来的な建築物が並ぶ万博会場で、太陽の塔はそれらに対抗する作品だった。太陽の塔を見てみると、明らかに古代の遺跡のような姿をしている。
これは彼が「理屈ですべて動いている現代社会」に対抗するため、理屈、技術の進歩とは真逆の本能的、かつ民俗的なものをつくったのだと個人的には思う。
もしかしたら、これは岡本太郎が全国各地を調査し、再発見した縄文土器や、各地の民俗・文化の集合体ともいえるのではないか。


↑「太陽の塔」:中央にある顔・大きく手を広げた姿は、土器や古代遺跡を思わせる。


↑「背面の顔」:おなじみの姿の背面にも顔がある。こちらも民俗的な雰囲気がする。
近年インターネットの普及により、あらゆるところで情報が得られ、どんな田舎でも世界とつながることができる。逆をいえば、地域独自の文化・民俗が消滅し、ひとつの巨大な文化に統合されようとしている。
これは地理学的にも危機的なことではないのだろうか。
そして岡本太郎の作品はそんな現代への強烈な批判であり、彼の作品を見れば日本各地の民俗を再発見できるはずだ。

この記事を書いた人
細田貴洋【地理・地図ライター】

ほそだたかひろ

地理・地図に詳しい【地理・地図ライター】

駒澤大学地理学科卒(都市地理学)

テレビラジオ、アートといったカルチャーにも詳しい

■ラジオ番組
・FM NACK5『THE SEITARO★RADIO SHOW「1700」』出演
・LuckyFM茨城放送「HAPPYパンチ!」出演

■執筆した地理系記事が「デイリーポータルZ」に掲載

■Webメディアで地理系記事を多数執筆

Webデザイナーもやってます。

ペンネーム「モリオカケンジ」

細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする

執筆などのご依頼、お問い合わせはこちら↓

すべての「地理好き」必見!地理系メルマガやってます!

・メルマガ限定の地理ネタ

・お役立ち地理系情報・ニュース

・大学の「地理学科・地理学専攻」の選び方(受験生向け)

・地理が活かせる仕事の選び方(就活生向け)

・その他、メルマガ読者さん限定のお得情報

などなど。

メルマガ読者さん限定の情報を無料で配信していきます。

メルマガ登録はこちら(いつでも配信解除できます)
↓↓↓

e-mail*
お名前*
個人情報の保護について
当ウェブサイトの「メルマガ登録フォーム」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、 お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。



*印の入力は必須です。

私、ホームページ制作もやってます↓

アート芸術と地理
スポンサーリンク
細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする
スポンサーリンク
芸術地理学通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました