あの頃の「高校生クイズ」が復活してて、とてもうれしい話

先日、日本テレビ系列で高校生クイズ、やってましたね。

毎年やっているこの番組。24時間テレビと並んで、日テレ夏の風物詩といえます。

今回も、アメリカ横断という番組構成となっていて、正直ほっとしました。

もともと「アメリカ横断ウルトラクイズ」の流れを引き継ぎ、「知力・体力・時の運」 をキャッチフレーズに、

高校生なら誰でも参加できる、史上最大のクイズ番組でした。

しかし2008年からは、「知力の甲子園」として、難問に高校生が挑戦する…まぁ、それだけの番組になってしまいました。

「知力・体力・時の運」 の「知力」のみを重視して、「体力・時の運」、そして高校生同士の友情・チームワーク

はどこかへ行ってしまい…

私としては、この流れが非常に残念でした。

高校の文化祭や野球の甲子園みたいに、みんなで盛り上がる、

ハラハラやドキドキ、感動がある。 それが高校生クイズだと思い、見てきたので。

そして、5年後の2013年、ついに 「知力・体力・時の運」をテーマにした高校生クイズが復活し、

2014年にはかつての「ウルトラクイズ」のようなアメリカ横断形式の番組構成となりました。

ようやく自分の求めていた高校生クイズが戻ってきた!そんな感じです。

これからも、高校生クイズ、見続けます!…高校生じゃないけど。

あと、地理がテーマの参加型クイズ番組やってくれませんかね。

初戦は秋吉台、次はフィヨルド、決勝はグランドキャニオンで…だいぶ地形分野に傾いてますね。

こんな地理クイズ、実際に「水曜どうでしょう」という番組でやってました。

wikipedia 水曜どうでしょう「クイズ!試験に出るどうでしょう」

日テレさん「全国地理オタク クイズ選手権」開催、お願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする