【空中写真から見る】「TBSの土地」赤坂5丁目とTBSの歴史

広大な敷地を有するTBS

赤坂といえば、TBSですよね。

民放各局が社屋の移転を経験しているのに対し、

TBSテレビは、開局から今まで、ずっと同じ場所にあります。

(TBSテレビ開局は赤坂5丁目、TBSラジオは有楽町から移転)。

普通、局舎が古くなったら、新しい場所に新社屋を建てて、

そこに移転するのがお馴染みのパターンです。

東京都心は土地が狭いので、空いたところに移転するしかないんですね。

しかし、TBSは自分の敷地内に、新社屋を建てて、

自分の敷地内で移転したんです。

すごいですよね。

放送局という一民間企業が、

赤坂という都心の一等地に、広大な土地を持っているわけですから。

TBS局舎のある赤坂5丁目の変遷

ここから、地理院地図の年代別空中写真を使用して、

TBSのある赤坂5丁目の土地利用の変遷を、TBSの歴史を交えて紹介します。

TBSが所有している場所(大体の場所)は、赤い丸で囲んであります。

2018年現在

まず現在の赤坂5丁目を見てみましょう。

現在、TBS局舎(TBS放送センター 通称ビッグハット)と、

TBSが所有している土地に建設された複合施設「赤坂サカス」があります。

画像はGoogle Mapより引用

1936年(戦前の赤坂)

ここから一気に時代をさかのぼります。

かつては、多くの大名屋敷があった赤坂。

現在TBSのある赤坂5丁目は、

もともと一ツ木町と呼ばれ、江戸時代には町奉行を務めた大岡忠相の屋敷がありました。

戦前には近衛歩兵第二旅団司令部、同歩兵第三連隊があり軍隊の街でした。

空中写真は1936年、2・26事件のあった年のものです。

1936年 地理院地図の空中写真より引用

現在のTBSの土地は、日本軍の施設でしょうか。

1936年 地理院地図の空中写真より引用

1945年〜1950年(戦争直後の赤坂)

戦争直後の赤坂5丁目。

現在のTBSの場所にある施設は、どういった利用をされていたのでしょうか。

知っている方はコメントください。

1945-1950年 地理院地図の空中写真より引用

1945-1950年 地理院地図の空中写真より引用

1960年代(TBS旧社屋完成)

1955年にTBS(当時はラジオ東京)が、土地を確保し、

赤坂5丁目に局舎を建設

この年にテレビ放送の本放送を開始します。

1963年にはゴールデンタイムの年間視聴率で第1位となり、

TBS黄金時代がスタート。

1961-1969年 地理院地図の空中写真より引用

赤丸の右端、一ツ木通り沿いにTBS本館(赤坂メディアビル)、TBS会館があります。

TBS本館(1961年完成)は地上7階建て、

本社オフィスやラジオスタジオ、

公開放送などで使用されたTBSホールがありました。

TBS会館(1964年完成)は民間企業のテナントビルとして使われていました。

空中写真では、まだTBS会館は建設中みたいですね。

TBS本館、TBS会館の奥、赤丸の中央部分にはテレビ局舎がありました。

中央にテレビ局舎の鉄塔(テレビ塔)が見えます。

1961-1969年 地理院地図の空中写真より引用

TBS本館(左)とTBS会館(右)。奥にテレビ局舎 画像引用:鹿島建設ホームページ

1970年代(TBS黄金時代)

空中写真がカラーになりました。

この頃、視聴率40%台を記録した伝説のクイズ番組「クイズダービー」がスタート。

1978年、NHKと並び、全日視聴率1位を獲得。

この頃のTBSはすごいです。

「8時だョ!全員集合」といったバラエティ番組

「クイズダービー」といったクイズ番組

「ザ・ベストテン」といった音楽番組

「寺内貫太郎一家」や「3年B組金八先生」といったドラマ

など、どのジャンルでも高視聴率番組を制作し、

TBS黄金時代の絶頂期を迎えます。

1974-1978年 地理院地図の空中写真より引用

TBS会館も完成し、旧社屋の全てが完成しています。

1974-1978年 地理院地図の空中写真より引用

1980年代(TBS苦戦の時代)

1986年にテレビ文字多重本放送開始。

1987年にはテレビ24時間放送を開始します。

この頃から、フジテレビの黄金時代になり、視聴率的に苦戦します。

1984-1987年 地理院地図の空中写真より引用

1984-1987年 地理院地図の空中写真より引用

1988年〜1990年(旧社屋末期)

この頃が、旧社屋の末期です。

1988-1990年 地理院地図の空中写真より引用

赤丸の左端、テレビ局舎の西側に、ぽっかりと空き地ができています。

ここに新社屋(現在のTBS放送センター 通称ビッグハット)が建設されます。

1988-1990年 地理院地図の空中写真より引用

2004年〜(現社屋完成)

もともとあったテレビ局舎の西側に、

現在の局舎であるTBS放送センター(通称ビッグハット)が建設(1994年完成)されます。

地上20階建てで、最上部にあるパラボラデッキ(ヘリポートとして使用)が特徴的です。

TBS放送センター 画像引用:wikipedia TBSテレビ

TBS放送センターが建設され、そこに移転したことにより、

TBS本館ビル、TBS会館、もとのテレビ局舎は解体

跡地は赤坂サカス(2008年グランドオープン)として、再開発されました。

写真は、赤坂サカスの開発中です。

2004年〜 地理院地図の空中写真より引用

先ほどの、空き地がビッグハットになっていて、旧社屋はきれいに取り壊されています。

2004年〜 地理院地図の空中写真より引用

2007年〜(旧社屋跡は赤坂サカスに)

旧社屋跡地に赤坂サカスも完成し、現在の姿になりました。

2007年〜 地理院地図の空中写真より引用

2007年〜 地理院地図の空中写真より引用

まとめ

もともと軍隊の広大な施設があったところTBSができたということがわかりました。

だから、あんなに広い場所が確保できたんですね。

また、本当に同じ敷地内、旧社屋のすぐ隣に現社屋を建設していることがわかりました。

旧社屋は横に広く、広い敷地をフル活用していましたが、

現社屋は縦に長く(高層ビル)、土地を有効活用して、

余った場所を複合施設、赤坂サカスにしたというわけですね。

やはり、TBSは土地をうまく利用して、

不動産事業をしているなということがわかりました。

★地理院地図では、国土地理院が作成した空中写真を年代別に見ることができます。

こちらから見れます。

↓↓↓

参考URL

地理院地図

wikipedia TBSテレビ

wikipedia 赤坂サカス

wikipedia 赤坂メディアビル

鹿島建設公式ホームページ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする