イチョウじゃなかった東京都章 ~都道府県章研究(1)~

アート

都道府県章とは、都道府県をあらわすマークです。国旗と同じようなものです。

でも、国旗と違い都道府県章はあまり知られてないかと思います。

まず、都道府県章自体を見る機会が少ないです。

そこで、今回は東京都をあらわすマーク、東京都章を紹介します。

みなさん、東京都章と言われて、あのイチョウのマークね!という人は多いと思いますが、実は違います。

東京都の都道府県章はこちらです。↓


画像引用:wikipedia「東京都旗」https://ja.wikipedia.org/wiki/東京都旗

どうでしょうか。

見たことないですか?

この東京都章は明治22年、東京都の前身である東京市のマークとして決定され、その後東京都の紋章として引き継がれたんだそうです。

この東京都章は、東京都の発展を願い、太陽を中心に六方向に光が放たれている様をあらわしてるんだとか。

また、「日」「本」「東」「京」「市」の漢字五文字を図案化したものだとも言われています。

私はこのマーク、よくマンホールのフタに描かれているのを見かけます。

それ以外では、ほとんど見かけません。やっぱりあの緑のイチョウマークですね、よく見るのは。

ちなみに、緑のイチョウマークは東京都の「シンボルマーク」で、「東京都章」ではありません。

さらに、あれはイチョウではなく東京の「T」をあらわしているそうです。知らなかった…

東京都のシンボルマークによって、すっかり消えてしまった東京都章。

なんか、ものすごく悲しいですね。スマートな都のシンボルマークも良いですが、明治生まれの重厚な東京都章も私は好きです。

というか、2020年東京オリンピックのエンブレムもこれでいいと思います…

参考資料:東京都ウェブサイト 都の紋章・花・木・鳥・歌
東京都旗 -wikipedia

この記事を書いた人
細田貴洋【地理・地図ライター】

ほそだたかひろ

地理・地図に詳しい【地理・地図ライター】

駒澤大学地理学科卒(都市地理学)

テレビラジオ、アートといったカルチャーにも詳しい

■ラジオ番組
・FM NACK5『THE SEITARO★RADIO SHOW「1700」』出演
・LuckyFM茨城放送「HAPPYパンチ!」出演

■執筆した地理系記事が「デイリーポータルZ」に掲載

■Webメディアで地理系記事を多数執筆

Webデザイナーもやってます。

ペンネーム「モリオカケンジ」

細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする

執筆などのご依頼、お問い合わせはこちら↓

すべての「地理好き」必見!地理系メルマガやってます!

・メルマガ限定の地理ネタ

・お役立ち地理系情報・ニュース

・大学の「地理学科・地理学専攻」の選び方(受験生向け)

・地理が活かせる仕事の選び方(就活生向け)

・その他、メルマガ読者さん限定のお得情報

などなど。

メルマガ読者さん限定の情報を無料で配信していきます。

メルマガ登録はこちら(いつでも配信解除できます)
↓↓↓

e-mail*
お名前*
個人情報の保護について
当ウェブサイトの「メルマガ登録フォーム」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、 お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。



*印の入力は必須です。

私、ホームページ制作もやってます↓

アート地理芸術と地理
スポンサーリンク
細田貴洋【地理・地図ライター】をフォローする
スポンサーリンク
芸術地理学通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました